ラブジェネレーションはロン毛をバッサリキムタク

ドラマ「ラブジェネレーション」は月9の中でも一番のお勧めです。

 

今までずっとロン毛だった木村拓哉さんがドラマの中で髪をバッサリと切るという大胆なお話でした。

 

ドラマであまり髪型を変えることって珍しいかと思います。

 

月9と言えば木村拓哉さんは今までたくさん主演されてきました。

 

松たか子さんとの共演もこれまであったかと思います。

 

しかし二人で恋人を演じられるのが何だか自然な感じで好きでした。

 

この後に放送された「ヒーロー」でも二人は一緒にドラマ出演されていました。

 

この「ラブジェネレーション」を覚えていたこともあり、「ヒーロー」も毎回楽しみに見ていました。

 

「ラブジェネレーション」では兄の恋人にずっと心を寄せる木村拓哉さん。

 

木村拓哉さんを好きだけど、素直になれない松たか子さん。

 

二人がうまくいきそうで、いかない。

 

素直になれそうで、素直になれない。

 

くっつきそうで、くっつかない展開に毎回もやもやとドキドキが止まらないドラマでした。

 

何だか若い社会人たちの青春のドラマです。

 

木村拓哉さんが片思いの純名りささんがまたかわいくて、女性でもほっておけない感じです。

 

でもそれがちょっと腹立つ感じもありました。

 

木村拓哉さんの気持ちを知っていて、松たか子さんとのことも知っていて、かわいい女性は幸だから嫌になります。

 

天然なんですよね。

 

そこも腹が立ちます。

 

松たか子さんは強い女性に見せているだけで、純名さんのように心は乙女なんです。

 

純名さんのほうが実は芯が強かったりするもんなんです。

ドラマ

それに気が付かない男性はいつの時代も変わらず、ダメな男たちです。

 

振り回されていることにいつになったら気が付くのでしょうか? そして今思えばすごい豪華なキャストばかりが出演されていました。

 

木村拓哉さんの兄役に内野聖陽さん。

 

ほかにも藤原紀香さん、椎名桔平さんや吹石一恵さんも出ていたようです。

 

昔は月9と言えばドラマの王様のようだった感じがします。

 

ゲストのかたも豪華だったんですね。

 

主題歌も大滝詠一さんの「幸せな結末」です。

 

今も頭に流れています。

 

ゆっくりなテンポで、とろんとした歌声。

 

耳から離れない声です。

 

カラオケに行ってみんなが歌っていたのを思い出します。

 

松たか子さん演じる「リコ」と木村拓哉さん演じる「てっぺい」 二人が下の名前で呼び合うのも流行りました。

 

リコになり来た気分で彼のことを下の名前で呼び捨てしたものです。

 

そしてリコのようにさばさばした女性を演じるのも流行りました。

 

いつも時代もドラマの影響を受ける私たちです。

 

木村拓哉さんのロン毛がショートになったとたんに髪を切る男性も増えました。

 

ロン毛ブームの終わりです。

 

いつの時代も流行を作る木村さん。

 

今もですが、結婚して子供がいてもかっこよさは健在です。

 

松たか子さんも結婚されてお子さんがいても、昔のような可愛らしらと透明感は変わらずです。

 

ドラマのリコのように強くてサバサバした女性は松たか子さん本人とも重なる部分がありそうで、ドラマと現実とがごっちゃになるような感じで見ていました。

 

当時は本気で木村さんと松さんがお付き合いをしているんじゃないか、思ったことがありました。

 

それくらいドラマがリアリティーがあって面白かった証拠です。

 

最近はお二人とも月9では拝見しなくなって少し寂しい気分です。

 

ふたたび「ラブジェネレーション」のリメイク版やその後…のような展開があれば楽しみです。

 

そして木村さんと松さんの二人の共演も見たいです。

 

私の青春のドラマ「ラブジェネレーション」。

 

月9を家族でテレビの前で見ていたころです。

 

ドラマにはまって、次の週が楽しみになるような、再び家族で楽しめるドラマが始まればいいなと思います。